ベビー服の種類とサイズとは。

ベビー服を選ぶときに注意すべきなのはサイズとベビー服の種類です。大人と違い、すぐにサイズが変わってしまう赤ちゃん。知らないうちにサイズが大きくなっていることもあります。自分の子供はもちろん、プレゼントなどであげるときにはサイズに注意する必要があります。新生児用と書かれていたり、50センチ、または50から60センチと書かれているものが生まれてすぐから着られるものです。個人差はありますが、3か月ほどしか着られません。60センチ、または60から70センチは3か月から6か月頃までです。70センチが6か月から1歳頃までです。ベビー服の種類としては、肌着と洋服があります。肌着も短肌着、長肌着、コンビ肌着、ボディシャツがあります。夏場であれば、短肌着だけでも過ごせます。夏生まれの子どもであれば、生まれてから1か月ほどは普通外に出さずに家の中で過ごすので、短肌着とオムツだけで過ごすことも珍しくありません。

少し涼しくなってきたら短肌着の上に長肌着やコンビ肌着を重ねて着せます。冬であればその上に洋服を着せます。長肌着はお腹までくらいの丈の短肌着に比べ丈が長く、足まですっぽり覆われます。オムツの下あたりの左右にスナップがついていて、動いても脱げないようになっているコンビ肌着もあり、少し動くようになってきたらそれの方が便利です。コンビ肌着の足の部分をとったボディシャツは頭からかぶせるタイプなので、新生児など寝てばかりいる子には向いていません。首がすわり、おすわりもできるようになってからのほうが着替えさせやすいです。ボディシャツも股のところにスナップがついていて、動いてもはだけません。また、ベビー服の洋服の種類にはベビーオール、カバーオール、ボディオール、ロンパースなどがありますが、ブランドによって定義が違います。ベビーオールと呼ばれる裾がスカート状になっている服は、退院時やお宮参りのときに使えるスカートのように下がヒラヒラになっているベビードレスもこれに含まれます。カバーオールと呼ばれる上の服と下の服がつながっている服があります。寝ている赤ちゃんの着替えがしやすいように、サイズが小さいものは前がスナップになっています。

ロンパースは上と下の服がつながっていて、頭から着せるタイプの服です。股の下にスナップがついています。ハイハイ期の赤ちゃんに向いていて、前は危なくないようにボタンなどはついていないことが多いです。ボディオールも上と下がつながっているもので、頭からかぶるものと前びらきのタイプのものがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です